みなさま、こんばんは。鈴木あやこです。
今回の震災を通じ、私は、「正しい情報を迅速に入手することが安心安全の確保につながる」ことを強く感じました。

今回の震災を通じて、区民の方の声を聞いているうちに、江東区が行っている情報伝達には課題があることいが分かりました。江東区の災害時の情報化についての現状、課題、解決策(政策)について考えたことを2回に分けてご紹介します。

◆現状(今回の地震で浮き彫りになった、区の災害時の情報伝達の事実)

・災害時の情報配信が脆弱で、リアルタイム性に欠けている。
ホームページの更新速度、防災行政無線による情報伝達が不十分(内容、聞こえやすさなど)
・防災放送が機能していない。防災時の通信機器も災害協力隊が整備されていない南部地区にはほとんど所有しているマンションがない。
・江東区報の震災特集など、紙のメディアによる広報が実施された時期が遅い(3月28日4月1日に防災特集)

◆課題
・区による災害時の情報発信が遅く、防災放送などのインフラが不十分なため、改善が必要。
・インターネットによる情報配信の迅速性、内容の改善が必要
・情報を利活用する区民のITリテラシーに課題がある
・情報発信手段の多様化(防災行政無線・インターネットによる広報・紙による広報・行政窓口での広報)

今後あるべき姿については、次の記事でご紹介します(続く)

政治家 ブログランキングへ