みなさん、こんばんは。
19日金曜日は、午後から防災・まちづくり・南北交通対策特別委員会に副委員長として出席しました。

 地元案件として、東京都都市整備局より、「都営豊洲四丁目団地の建替計画」の報告がありました。
2014-12-22-11-58-54

(写真は豊洲四丁目団地)

概要について、委員会での配布資料をもとにご報告致します。
本件に関しては、21日に、豊洲小学校にて、住民説明会が開催されました。


☆計画概要(以下、委員会資料)
31


 現状は5階建13棟、537戸の豊洲四丁目団地が、建替により、14階建(一部5階建)7棟、550戸程度の規模となります。
 平成28年3月 1期工事(ABC棟)、平成29年3月2期工事(DEF棟)、平成33年初旬3期工事(G棟)、というスケジュールが予定されています。
現在6号棟にある豊洲保育園は、工事中は一時仮設園舎に移転され、D棟の1階に入る予定です。

団地の集約で生み出された土地は、地域特性にあわせてこれから高度利用を検討していく、ということになりますが、現時点では特に決まっているものはないようです。

☆案内図
42


☆豊洲四丁目団地の現況

48


☆建替計画図

56



 私は、住民の方の建替に伴う(一時)転居や、地域コミュニティ・住民の方々への配慮、高齢の居住者への配慮などについて、質問をさせて頂きました。

 この他にも、「コミュニティサイクルについて」「臨海副都心有明北地区地区計画の都市計画変更について」等、興味深い案件が多数審査されました。

全体としては、条例審査1件・陳情32件、報告事項9件と、かなりのボリュームでした。

☆防災・まちづくり・南北交通対策特別委員会 案件表

この他の案件として、「コミュニティサイクル」に関する話題については別の記事にてご紹介いたします。

2017年1月26日 補足
2017年1月24日に、私の区政報告会「あやこcafe」を行い、その際に豊洲全体の開発のお話の全体像と、都営豊洲4丁目アパートの建替についてご紹介しました。

image



議会で最初に報告のあった建て替えの案が、近隣住民の方々からのご要望を反映し、一部建物配置や戸数(550戸から510戸に減少)、棟の構成が変更になっていることは、意外と知られていませんので、昨日の資料を使ってここで改めてお知らせします。

image


image


なお、5階建の住宅を、13・14階に集約した際に創出された用地の高度利用、については都と区に確認していますが、現時点では何も決まっていないとのことです。

地域の方からも様々な質問、提案を伺っています。
住民の皆様の声を反映できるよう、都には早めの情報提供をすること、情報が錯綜することがないよう、説明会の都度、住民に対し、建替の全容がわかるように、最新状況を見える化する必要がある旨、住民説明会の際に東京都には私から申し入れさせて頂きました。
地域、区とも連携をし、円滑で住民の方々本位の建替になるよう、都に対しても求め、動いていきます。



政治家 ブログランキングへ