皆さん、こんにちは。
今週月曜日(21日)に、江東区議会防災・まちづくり対策特別委員会が開催され、委員として参加しました。
様々な案件があったなかで、鈴木あやこが質問を行った案件についてを中心にいくつかの記事に分けてご紹介致します。
各資料はクリックすると大きくなります。

☆江東区の大規模開発について
26
45

・豊洲1〜3丁目の開発計画について
概況、経緯、今後のスケジュール、

21

・開発計画の概要
30


☆鈴木あやこの質問と、議会答弁を紹介します。
※こちらの文章はメモをもとに書き起ししたため、正確な内容は区議会議事録(今後公表)によります。
ブログ記事記載内容をご紹介頂く時はご注意ください。

質問:豊洲地区の開発について伺います。

☆豊洲二丁目の開発について
 ⑭〜⑯バディ、カフェハウス、シンフォニアについては平成33年までの定期借地となっている。まだこれからの話になると思うが、その後の継続を含めて利用の見込みはいつ決まるのか?

(答弁:まちづくり推進課長)
・10年間の暫定契約であり、協議はまだ行われていない。

(鈴木)
これらの施設は、地域住民にも親しまれ、活用されているので、その点も踏まえて今後必要に応じて事業者と対応して欲しい。



☆豊洲5丁目の開発について
今回の報告資料にはなかったが、課長から口頭で説明があった、豊洲五丁目のレンタルのニッケン、ヤマト運輸などの跡地について、東急不動産による住戸の開発計画があり相談に来ている。可能な限り住戸を減らすことなどを指導しているというお話だった。
(現地にて撮影)
 地元でも、この跡地に超高層マンションが建つということは話題になっており、超高層マンションが建つ、ツインタワーかもしれない、という噂もでている。5丁目のこの地区は地区計画の範囲外で、高さ制限もないこともあるが、この点についての認識はあっているかどうか。

学校の収容対策については、豊洲西小学校は既にいっぱいになる見込みであると聞いている。
 近隣に学校用地が確保できるという見込みはあるのか。

豊洲五丁目の昭和大学豊洲病院の隣に文レク用地があるが、この土地が学校用地として検討されているということはないのか、現在都と協議しているなどの状況なのかどうか伺います。
(文レク用地、現地写真)



(答弁:まちづくり推進課長)
・建築計画はまだ決まっておらず、相談に来ており、対応している状況である。
・事業者からはツインタワーではないと聞いている
・文レク用地の活用についてはまだ都と協議していないが、状況を見つつ考えていく。

鈴木から
・小学校の収容問題については、「マンションは建ったけれども、通える小学校がない」
ということのないように、くれぐれも対応して頂けるよう要望致します。

・豊洲埠頭開発計画

14
14
57



続いての報告事項でも質問を行いました。

・豊洲地区4−1B街区開発計画
33


33



豊洲地区4−B街区計画概要について:

・今回報告のあった4−1B街区は、千客万来施設に非常に近いエリアにあり、開発事業者が、千客万来施設を辞退した大和ハウス工業であるということに驚きを感じる。ダイワハウスに決定した経緯などが分かればお示しください。
千客万来施設は辞退したが、かわりに4−1B街区の開発を、などのお話が都との間であったのかどうか。
(答弁)千客万来施設をやらないからこちらを、といった情報は聞いていない。

・計画自体はホテル、医療機関、スポーツ施設ということで、オリパラや市場への観光客が多く訪れ、超高層マンションも立地するこの地域にとっては必要な施設であると認識している。

・本開発における大和ハウスの位置づけは?
デベロッパーとしてテナントを誘致し、運営する立場なのか、自社ブランドのホテルなどを整備するという位置づけなのかどうか伺います。
(答弁)ビルとして持ち、テナントを誘致して整備するという立場である。

・定期借地権かどうか
(豊洲2丁目、3丁目のダイワハウスの開発案件は定借であることから)
(答弁)定借であるが、何年かは確認していない。

・ホテルについて
オリパラ需要や、6丁目のマンションなどでairbnbなどの民泊に頭を抱えているといるということも聞いているため、地域住民からも、豊洲地区に民間事業者がしっかりとしたホテルを整備するということは望まれている。
(1)ホテルはダイワハウス系列のブランドのものかどうか?
(2)戸数について、約330戸、ということで具体的な数になっているが、国内外の観光客、新市場関係者等のためのホテル整備、となっている。
330戸の中で、市場関係者枠などはあるのか。千客万来施設に整備されるホテルゾーンとの住み分けは。
(答弁)他のブランドのホテルと聞いている。アスリートが低酸素トレーニングをしたりする際に宿泊することもできるホテルである。
市場関係者枠があることは聞いていない。

☆☆
以上、鈴木あやこの質問と、議会答弁を紹介しました。
豊洲地区の開発については地域の方々から様々な質問やご要望を頂いており、その声を明らかにし、正確な情報をできる範囲で皆様にお伝えでるよう、詳細に質問させて頂きました。
まだ、交渉中なので、現状分かる範囲での最大限の答弁だと思います。
また、詳細の課題は、議会質問の場で行う予定です。


※こちらの文章はメモをもとに書き起ししたため、正確な内容は区議会議事録(今後公表)によります。
ブログ記事記載内容をご紹介頂く時はご注意ください。

現地の写真などもアップしました(鈴木あやこの撮影です)
今後のブログでは、マンションに関する条例の一部改正や、豊洲地区以外の情報を紹介します。

宜しくお願いします。

政治家 ブログランキングへ