本日、豊洲市場の開場日が来年10月11日に決まったことを受け、小池 東京都知事が江東区役所を訪れ、山﨑 孝明・江東区長と面会したことが報道されています。
江東区でも、本日プレス発表を行なっておりますので、情報共有させていただきます。

☆江東区ホームページ


☆毎日新聞


☆☆解説と、鈴木あやこの意見


小池都知事の来庁の目的は、豊洲市場の開場日が、来年10月11日に決まったことについてのご報告とご協力いただいたことの御礼。
豊洲市場移転の条件として江東区が東京都と約束した、①土壌汚染対策②地下鉄8号線の延伸③にぎわい施設の整備 について改めて求めたとのことです。
山崎区長のコメントにもありましたが、先日、東京都の副知事が山崎区長、議長を訪れたことに続き、小池都知事が区長に面会したことは、市場移転を前に進めるための1つの区切りになったと思います。
区議会においても、清掃港湾・臨海部対策特別委員会として、小池知事が委員会に出席し、市場移転について説明およびこれまでの都の不誠実な対応については謝罪の上、3つの約束についての履行について確約することを求めておりました。知事の委員会の出席は現状なされていないのは残念ではあります。

豊洲市場の移転を円滑に進め、風評被害の払拭や、3つの約束、とりわけ千客万来施設の整備を確実に行い、前に進めていくことが極めて重要だと考えます。

環状2号線の地上部分の開通についても、鈴木あやこの一般質問や委員会質問にて、2020年の東京オリンピック・パラリンピックまでの開通を求めております。
現状、まだ不透明な状況ではございますが、この問題にもしっかり取り組んでいきます。

豊洲市場移転問題については、江東区政、都政のみならず、全国的に注目を集めている事項です。
また、江東区内、豊洲地域についても、移転の賛否や千客万来施設のあり方について様々なお立場、考え方の方々がいらっしゃいます。

私自身、直接面識のある方から直接またはインターネットを介したご意見を頂いたり、面識のない方、匿名の方からも様々なご意見を頂いております。
江東区や区議会、私個人の考えについて賛同頂き、応援の声を頂くことも多くある一方で、ご意向に添いきれていない部分もあることは認識しております。

現時点で全ての方にご納得頂けていないことについては、私自身心苦しく思うこともあります。
賛否両論様々な意見がある中で、地域、関係者の方々の声を伺い、調整し、江東区、江東区議会として、より良い方法に市場移転問題を進めていきたいと思っております。

今後とも市場移転の関係は、地域の声をしっかり聴き、しっかりと対話を進めて、情報発信し、前に進めていけるよう区議会議員として努めていきたいと思います。

みなさまのご理解、ご協力、ご支援に感謝いたします。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

江東区議会議員 鈴木あやこ

政治家 ブログランキングへ