昨日(1月10日)臨時の江東区議会 清掃港湾・臨海部対策特別委員会が開催され、傍聴。

今回の議題は、報告事項として、「豊洲市場について」
29

☆審議予定案件(江東区議会ホームページ)

出席理事者は、江東区側は、江東区長、副区長ほか関係理事者。
東京都からは、東京都中央卸売市場 市場長ほか、各部署の部長・課長が理事者として出席しました。

☆委員会配布資料(PDF:江東区議会ホームページより)

 昨年末の12月20日に豊洲市場開場日が決定するという動きがあったことについて、その経緯、開場スケジュール、追加対策工事について都から報告があり、各会派の委員から様々な意見が述べられました。

東京都からの報告は以下の3項目でした。
①豊洲市場の開場日の決定について
②豊洲市場の開場に向けたスケジュール
③専門家会議の提言に基づく追加対策工事の契約状況

・豊洲市場の開場日の決定について
(開場日の決定にかかるこれまでの経緯)
18


(1)平成29年12月18日
東京都の長谷川副知事が山﨑区長、議長を訪問し、市場受け入れの条件として提示された3つの項目の現状についてのお詫び、課題について都として全力で取り組む旨を発言した上で、江東区に対し、市場移転が具体的に進むよう協力を要請。

その際の副知事の発言要旨についても、以下の通り報告がありました。
48


「地下鉄8号線の延伸等の交通対策」
「千客万来施設の早期整備」
「市場の開場後、先客万来施設が開業するまでの間、豊洲に賑わいをもたらす工夫を都が江東区と相談して推進」
「ぐるり公園の市場部分の開放」(以前の委員会では民進党の福馬議員の質問に対し、都が今年4月までには開場できるようにしたいと答弁)
「オリンピック・パラリンピックの成功・豊洲の賑わいづくりのため、都は全力で取り組む」
という話を副知事が区長・議長にしたとのことが明確に東京都側から資料として示されたことは、評価できると思います。
 3つの約束が進捗し、実現するまで都に求め、前に進めていくことが区議会としての役割であるため、都の状況を厳しくチェックし、委員会、本会議等で粘り強く求めいきたいと思います。

(2)平成29年12月20日
新市場建設協議会を開催し、豊洲市場の開催日(10月11日)を業界団体と合意。
小池知事が、都として正式に決定したことを表明。
05

10月11日が豊洲市場開場、10月6日が築地最終営業日、10月7日〜10日が引越し期間となるとの報告でした。
(3)平成29年12月22日
7街区の追加対策工事の事業者が決定。これをもって、追加対策工事の全事業者が決定。
35


☆☆☆
 東京都からは、受け入れ条件である3つの約束をしっかり守り、前に進めていけるようしっかりと仕組んでいく、と一貫して説明をしていました。
 各会派の委員からはこれらの約束が口約束に終わらず、確実に履行されるよう強く求める発言が多くありました。特に千客万来施設に関しては、私の会派の鈴木清人議員をはじめ、多くの委員から「いつ頃開業するべきと考えているのか」「今年度中には何らかの形を示してほしい」「万葉倶楽部と築地の再開発がかぶるという懸念があるが大丈夫か」という趣旨の質問、意見が述べられました。
 これらの答弁について、毎回、委員や委員長が都に対し、具体的な回答を用意することを求めているにもかかわらず、な答弁が得られなかったのは残念に思います。

 委員会の最後に、東京都には今後は具体的な回答を用意するように求めたうえで、「東京都の説明が不十分で具体的な議論が難しいと区議会が判断した場合、協議には応じかねる」という発言がありました。
 8号線延伸、先客万来については特に、前向きに取り組む、という曖昧な表現ではなく、区に対して具体的な時期を示した上で、実現に向けた計画を立て、形にしていくことが必要です。


【清掃港湾・臨海部対策特別委員会の役割について】

清掃港湾・臨海部対策特別委員会は、清掃事業・港湾事業など東京都の事業と密接に関わる事項を扱う特別委員会。
区議会の委員会に東京都の理事者が出席し、都区間の協議を進めていくという、他の区議会では珍しい、江東区特有の委員会です。
歴史的経緯のあるごみ問題、埋立地の帰属問題、市場問題等、清掃港湾地域の開発などが多く扱われる委員会です。
そして、この委員会は都区との信頼関係を前提に運営されている委員会でもあります。

この委員会には、各会派の幹事長、議長・副議経験者など経験豊富な議員が選出されることが多いと私は認識しています。
豊洲市場の移転については、江東区議会・江東区が一体となって東京都に対して約束の履行を求め、円滑な市場移転と豊洲の賑わい、を求めていくことが大変重要です。

また、この委員会は、他の委員会と比較して報道機関の傍聴が多いというのも特徴で、豊洲市場の移転延期という事態が発生した後は、報道各社が傍聴され、ニュース記事として配信される、ということも多くなっています。

 それに対して、一般の方の傍聴は少ないのが現状ではあり、平日午前中の開催ではありますが、傍聴して議員や理事者(行政側)生の発言をもっと聞いて頂きたい、知って頂きたいと私は切望しております。


【私の情報発信・皆様との対話のスタンスについて】
 豊洲市場移転に関しては、区民の皆様からの関心も高く、最近、豊洲市場移転延期問題が発生した時期以降は、面識の有無に関わらず、私のブログやツイッターなどのインターネット記事などをご覧いただき、賛否両論さまざまなご意見を頂戴することが多くなりました。

大変ありがたいことだと思っています。

私自身も区議会議員として、正確でできる限り迅速な情報発信をわかりやすく発信できるよう、つとめていきたいと思います。
特に今年は、昨年より頻度多く、区民の皆様が関心を持つ事項について発信をしていきます。
あやこcafeなどの区政報告の場では、最近は毎回豊洲市場関係を取り上げておりますので、ぜひ多くの方にお越しいただけると幸いです。資料も自作のものや新聞記事などをご用意し、ざっくばらんなお話をする、という取り組みを7年間で80回続けています。
すでにお越し頂いている皆様、ありがとうございます。

今後とも、区民の皆様、とりわけ地元である豊洲地域の皆さんと対話を通じて声をしっかり聞き、区議会議員の一員として声を届けていきたいと思います。


政治家 ブログランキングへ