昨日は、若手市議会議員の会の研修会2日目に参加しました。
IMG_1381


視察先は山梨市。

人口35,093人。山林が81.7%を占めており、豊かな自然環境に恵まれた美しいまちです。

桃やぶどう、ほうとう、ワインなどが特産品です。

IMG_1370



視察内容は、主に3点。

①山梨市次世代エネルギーパーク計画について

現地視察として、ペレット製造プラント、街の駅やまなしのペレット冷暖房システム、エコハウス。



②山梨市立 産婦人科病院

全国初の、公設民営による市立の産婦人科病院。


③山梨市役所女子観光プロモーションチーム

市の女性職員が組織を超えたプロジェクトチームを結成。山梨市の観光振興、地域振興やおもてなしに関わる企画を立案、実行。


環境、子育て、観光など幅広い分野で参考になる取り組み。

以下に、少し詳しい内容をご紹介します。


◼️山梨市次世代エネルギーパーク計画について

IMG_1311


山梨市は、平成17年に「地域新エネルギービジョン」を策定し、豊かな自然環境を活かした新エネルギーの導入を推進しています。

新エネルギーの導入を始め、資源循環型のまちづくりに向けての取り組みを通じて、住民参加、市民協働、農林業・観光業振興、地域間交流や農林業・観光業の推進・情報発信の推進を図ることを基本方針としています。

現地視察として、ペレット製造プラント、

IMG_1315

IMG_1342
IMG_1313


街の駅やまなしのペレット冷暖房システム、

IMG_1321

IMG_1323
IMG_1327


エコハウスにて、実際に地域エネルギー活用に向けて取り組んでいる現場のお話を伺いました。

IMG_1337

IMG_1331
IMG_1330

◼️山梨市立産婦人科医院
全国初の公設民営の産婦人科。女性の幸せを願い、健康・妊娠・出産・育児を支援し、この地域に将来に渡った継続した産科医療の確保のために開院。
FullSizeRender

施設の管理運営は指定管理者である医療法人 東雲会が実施しています。
 施設内は、診療所としては最大の19床のベッド数を確保。妊産婦がゆっくり静養でき、安心して退院できる環境を整備。
IMG_1349
FullSizeRender
IMG_1345
IMG_1347
IMG_1348

山梨市は、「おなかの中から一生涯安心の山梨市」を掲げており、子育て環境の整備について、ハード面、ソフト面ともに取り組んでいます。

産婦人科を公設民営とした背景としては、山梨市では、少子高齢化が進み、保育園閉園、学校の廃校などが課題。まちの活気を失わないためには、産婦人科は激務のため、事業承継が課題となっていたとのこと。課題解決のために選んだ手法が公設民営ということでした。

レクチャーののちには、施設見学。
病院はとても明るく、デザイン性も優れており、妊産婦が不安なく快適に過ごせる環境であることを感じました。

◼️山梨市役所女子観光プロモーションチーム(通称:女子プロ)
山梨市では、女性に魅力的な観光環境を整え、観光客の増加につなげるために、「女性の感覚や感性を反映させることが大切」と、平成21年に所属課を超えた女性職員のプロモーションチームを結成。女性ならではの視点で、山梨市の観光振興と地域活性化に結びつく企画づくりを行なっています。
IMG_1357
IMG_1358
IMG_1363

「西沢渓谷の森林セラピー」「恋人の聖地」「富士山が綺麗に見える小楢山の登山コース」など女性の目線で観光資源の発掘やPR活動を実施。
  課を超えた連携と、個人の特技や資格を活かし、観光のみならず女子職員が能力向上できるよう、おもてなし講座や研修の実施なども行なっています。
議会や他の自治体の女性職員などとも連携しているそうです。

今後は、地域の特産品を使った商品開発やおもてなしの向上、SNSでの情報発信、英語以外での言語のホームページ作成などを考えているとのこと。
活動を強制するのではなく、「自分も楽しめて人も喜ぶ」ということをモットーに自由な発想、アイデアと個性を尊重し、活動を続けていきたいというお話でした。

 課を超えて、仕事時間中にも女子プロの活動をすることがあるので、業務として取り組めるような配慮をしていることが、活動が9年続いた秘訣とのことでした。

☆☆☆
女性に優しい施策、女性目線の観光プロモーションなど、先進的で元気が出るお話が多くあり、実りのある研修会でした。

視察先の皆様、おもてなしいただいた、若手市議会議員の会、山梨チームの皆様にはお世話になりました。


特に神山玄太議員とは、大学院の同窓生で、平成23年同期当選組ということで、切磋琢磨させていただいています。


皆さまありがとうございました。

視察内容について、江東区政への提言にもつなげていきます。


 

 


政治家 ブログランキングへ