8日は、北海道会派視察の2日目で、オホーツク地方の視察を行いました。

オホーツク町村と江東区の連携交流事業や町村お勧めの施設を視察。

IMG_1458



◼️美幌町役場〜江東区とオホーツクの交流事業

IMG_1471


  まず最初は、東京23区との連携推進事業として、江東区の職員が実施している「オホーツク管内町村交流連携事業」についての視察を美幌町役場にて実施。土谷耕治美幌町長に同席いただき、オホーツク町村会の事務局長に、江東区との連携の現状や課題期待することなどを伺いました。

IMG_1452

IMG_1453

  オホーツク町村との交流は、災害時の相互連携や、えこっくる江東で開催されている「江東区環境フェア」における町村会ブースを設けて特産品販売をするなどが現状。

今後は、毎年40万人が訪れる江東区民まつりへの出展なども行うことなど提案しました。


 また、今週末に江東区民の方々と、大井副区長をはじめとする職員が大空町で開催されたドラゴンボート大会に出場し、34チーム中7位と健闘するなど、スポーツでの交流も始まっています。スポーツ合宿や、グリーンツーリズムによる交流の可能性も感じました。


◼️美幌町みらい農業センター

IMG_1480


  次世代の農業を担うための人材育成・確保を行うとともに、地域の新たな営農体系の確立を目指して、農業経営者の育成や、パートナー確保(花嫁対策)、農業振興を行う施設。

美幌町の土谷町長から強くお勧めのあった施設。


まずは、所長から事業紹介をいただき、その後

関西の高校(南海清風高校)で実施した修学旅行での農業体験の紹介がありました。


IMG_1474


IMG_1477

江東区立中学の修学旅行に、美幌町の体験農業実習。江東区の職員からも質問があったとのことなので、今後交流を後押しできればと思います。


その後施設へ。

こちらは市民農園。50平米と広い面積。

農業従事者の多い地域ですが、結構人気でプロの農家も借りているとのこと。

教えあい、交流が区民農園を通じて生まれているそうです。

IMG_1493

IMG_1494

アスパラガスの栽培現場などを視察。

IMG_1482

アスパラガス畑、初めて拝見しました。

木のように生い茂っておりました。

IMG_1487
食用する部分は、短い芽のようになっているところ。
私の手で指している部分です。
IMG_1488

◼️ほかじゃ 小清水 北陽工場

IMG_1508



小清水町の廃校となった小学校を活用し、ジャガイモデンプンを使った薄焼きせんべい「ほかじゃ」を生産販売する工場。

IMG_1514

山口油屋福太郎は、福岡 博多で辛子明太子や「めんべい」というおせんべいを生産しており、ご縁があって小清水に工場を設立。

お菓子づくりを軸とした地域貢献に取り組んでいるとのこと。工場長からお話いただきましたIMG_1502


IMG_1504

IMG_1506


◼️ひがしもこと乳酪館


IMG_1525

IMG_1519

IMG_1516


大空町の特産である酪農や乳製品の普及啓発、特産品の販売を行う施設。


東藻琴の酪農事業のあらましや、ソフトクリームや牛乳などの製造販売も行う。


IMG_1518

ドラゴンボート大会に出場した区民の皆さんも訪れたとのことで、お話も盛り上がりました。


オホーツク町村と江東区職員の交流事業は所管委員会の事業でもあり、有益な自治体間交流にすべく、会派としても取り組みたいというのが今回の視察のきっかけ。

お互いの自治体を知り、交流を進めることで、江東区にもオホーツクにもメリットのある事業になるよう、議員の立場からも提言を行なっていきたいと思います。

木曜日は知床から移動して、釧路市の視察です。


政治家 ブログランキングへ