昨日は、大阪市にある「津波・高潮ステーション」を視察しました。

FullSizeRender


大阪府西大阪治水事務所が所管する防潮堤や水門の津波・高潮の防御施設の一元管理を行う防災棟と、府民の防災意識向上のための「展示棟」からなる施設。

IMG_2333


IMG_2331


☆津波・高潮ステーションについて

IMG_2389



 大阪は、海面よりも低い「海抜ゼロメートル地帯」が多く、室戸台風やジェーン台風など、高潮や津波による被害に度々苦しめられてきた地域であり、その教訓を生かし、災害を乗り越えるための高潮対策・津波対策を行ってきました。

IMG_2338

IMG_2339
IMG_2337

IMG_2388


治水事務所の職員の方から、「海より低いまち」大阪の地形上の特徴、大阪府の高潮対策、高潮とは異なる津波の脅威、津波災害から生活を守る知恵についてじっくりお話をいただき、施設を見学しました。


☆海より低いまち 大阪

IMG_2393

IMG_2394
IMG_2395

☆大阪府では、地域の水防団が活躍しています。
IMG_2356
☆過去の地震・津波の歴史
IMG_2357


  高潮対策の中では、今回台風21号により、西大阪地域に史上最大(第二室戸台風を超える)の高潮が発生した際、水門、防潮鉄扉の確実な閉鎖と排水機場の働きにより、高潮による震災被害が防げたことについてもご説明いただきました。


関西国際空港の冠水・浸水被害は大きかったが、高潮による浸水被害がなかったのは、水門や防潮鉄扉の迅速な閉鎖のおかげだということはほとんど報道されなかったとのこと。


IMG_2354

IMG_2355
IMG_2353
☆大阪の水門
IMG_2344
IMG_2341


☆水門の閉鎖については模型と、以前稼働していた実物の水門の開閉を体験
IMG_2349
IMG_2350
IMG_2351

大阪府では南海トラフ地震の発生により津波・高潮が複合的に発生する脅威に特に備えているとのことでした。

IMG_2358

IMG_2359
IMG_2361

  「ダイナキューブ」という前、左右、床面の4面からの映像で津波災害が体感できるシアター、高潮・津波に関するVTRなどの映像展示も充実。

IMG_2362

IMG_2363
IMG_2365
IMG_2368
IMG_2372
IMG_2373
IMG_2374
IMG_2375
IMG_2377
IMG_2378
IMG_2381
IMG_2384


この施設の目玉だそうです。

IMG_2336

IMG_2332


高潮・津波のメカニズムや治水対策、日頃からの備えなどを学ぶことができました。


最近発生している台風・豪雨・地震などの被害にお見舞いを申し上げるとともに、いざという水害に対する理解や水防について学びを得ました。


海抜ゼロメートル地帯があり、東京湾や河川に囲まれ、過去に水害を体験し、克服のための治水対策や水防対策を行ってきた東京都・江東区と重なる部分も多く、参考になりました。


これから議会がありますので、議会での提言や地域の災害協力隊の活動にも活かしていきます。


☆津波・高潮ステーション 



政治家 ブログランキングへ