昨日は、江東区議会第4回定例会が開会、本日は2日目で一般質問の続きが行われました。

初日に私は、所属会派「民政クラブ」の代表として、質問を行いました。
☆IMG_7880


今回は代表質問ということで、大局的な視点から、江東区の将来につながる質問を行いました。
前回に続きご紹介いたします。


⒋子育てしやすいまちづくり

⑴子育て支援について

【質問】
本区では大規模マンション開発などにより乳幼児人口の増加や、共働き家庭の増加が続いています。また、地域コミュニティの希薄化や、核家族化により、子育てに不安や孤立感をもつ家庭も増えており、児童虐待も社会的課題になっています。

本区では、子ども家庭支援センターにおいて、子育て相談やひろばの実施などのほか、KOTOハッピー子育てトレーニング事業やリフレッシュひととき保育など、様々な事業により、子育ての不安解消に取り組んでまいりましたが、これらの施策の評価や今後の課題について伺います。

来年度は、次期長期計画や子ども子育て支援事業計画の改定の時期に当たります。子育てに関する不安感や孤立感をなくし、区民が真に子育てしやすいまちであると感じられるようになるためには、次期長期計画や子ども子育て支援事業計画の中で、どのような展開を図るべきだと考えているか、区のお考えを伺います。


【答弁】
子ども家庭支援センターで実施している、さまざまな子育て支援政策の評価ですが、KOTO子育てハッピートレーニング事業や、リフレッシュひととき保育の利用者アンケートの結果では、保護者のしつけに対する自信の向上や、気持ちのゆとり増大などが示されており、これらの事業が保護者の子育て不安感の軽減に結びついていると認識しております。
また、これらの事業の課題ですが、現状では、利用希望に対して定員が不足しており、今後は実施場所や定員の拡大など、ニーズに応えられる体制の整備が課題であると認識しております。
次に、次期長期計画やこども・子育て支援事業計画の展開についてです。子育てに不安感を抱いている保護者に対する、適切な相談体制の構築が重要であると認識しております。そのため、次期計画では、対象年齢を青少年まで拡大した上で、子ども家庭支援センターをはじめとして、各組織間の連携を一層強化し、切れ目のない支援体制を構築していきたいと考えております。また、子育ての孤立感の解消には、地域全体で子育て家庭を見守る体制づくりが重要であります。このため、地域のネットワークづくりや、区と地域との協働をどのように進めていくかを検討していく必要があると認識しております。


⑵病児・病後児保育について
【質問】
女性の社会進出が進み、共働き家庭が増えた現在、子育て中の保護者、特に母親が感じる不安の大きな要素として、「子どもが急病になった際の仕事の調整をどうするか」という点があります。保護者に代わって子どもの世話をする病児保育は両立支援や子育ての不安解消の意味で大きな役割を果たしています。

 本区では、病児保育が2箇所、病後児保育が2箇所、合計4箇所の病児・病後児保育を提供しています。

便利に感じている保護者の声もある一方で、「予約が取りづらい」「病児・病後児保育が行える施設をもっと増やせないか」という声も多くあり対応が求められます。また、予約後の当日キャンセルなどもあり、本当に使いたい子どもが利用できないという課題もあります。病児保育施設の増加や、より使いやすい病児保育にするための仕組みづくりが急務と考えますが、区では病児・病後児保育の課題をどう捉え、解決しようとしているかについて伺います。

【答弁】
現在、病児・病後児保育は、豊洲・大島・猿江・新砂で計22名定員で実施しております。特に急性期の乳幼児を預かる病児保育については、ニーズが高まっていると認識しております。
しかしながら、病気の回復期の乳幼児を預かる病後児保育は、病児保育に加えて利用が低い状況であり、今後の事業展開については、病児保育拡充の検討と合わせて、病後児保育のさらなる利用率向上を検討していかなければならないと考えております。
また、他の自治体同様に、病児保育予約後のキャンセルの多発が、本区でも課題になっております。これは、一因として、子どもの健康状態の急な回復や、キャンセル待ちの保護者のニーズの変化に保育所の対応が追いついていないことから発生するものと考えております。
こうした状況の中で、より利用しやすい仕組みづくりとして一部施設でネット受付の導入や、受け入れ体制の増加を図ってきたところです。今後も利便性の向上に向けて取り組んでまいります。

☆☆☆
本投稿は、鈴木あやこのメモをもとに作成しています。
正式な議事録は、2ヶ月後をめどに、「江東区議会議事録」に掲載予定です。

次のブログで、議会質問の続き「オリンピック・パラリンピックの成功について」を投稿いたします。
今回は質問が多いので、しばらくの期間かけて、ご紹介をしていきたいと思います。


政治家 ブログランキングへ