皆さま、こんばんは。
江東区議会議員の鈴木あやこです。

今週から、大学生のインターン生と一緒に活動しています。
昨日は、豊洲駅、今日は辰巳駅でのご挨拶。
IMG_4642

そして、大学付属に通う女子高校生から、待機児童をテーマにした卒業論文の作成のためのインタビューを受け、レクチャーを行いました。

大学進学を前に、興味を持って取り組んでいることを調査して論文を書くことが卒業までに必要とのこと。
待機児童のことを調べたら私のブログの記事を見つけてくれたというきっかけで、区議会まで来てくれました。

 法学部法律学科への進学を控えた彼女は、待機児童をゼロにしたい!という思いを持っていて、保育のことだけでなく、幼児教育のことなどもよく調べていました。
論文の章立てや、仮説を立てて調査をしていることなど、大学3〜4年生が卒論を書く時のようなインタビューで、素晴らしい素質と社会性を感じました。

 以前、「多子高齢化について知りたい!」という男子中学生からのインタビューを受けたこともありますが、物事をしっかり調べて仮説を立てたり、考察したりする能力のある学生を見ると、とても嬉しくなります。

あと、私が政策的な記事をブログやインターネットメディアに寄稿しているものが役立っているというのも嬉しく思います。
彼女がいい論文が書けるといいなあと、応援しているところです。

大学生インターンは3月までの2ヶ月。
お互いに実りのある、学びのある機会にしていきたいと思います。

政治家 ブログランキングへ