みなさんおはようございます。
江東区議会議員の鈴木綾子です。

週末は、竹中工務店東京本店@東陽町で行われた「全国まちづくり会議2019in東京」に行ってきました。

 豊洲の運河ルネサンス協議会の取り組みや、イーストベイ東京など、江東湾岸エリアのまちづくりの取り組み事例に加え、全国のまちづくりの事例や地域デザインのお話を伺いました。
2日間に渡って参加したので、私が参加したセッションのことなどいくつかご紹介します。

初日の 基調講演・パネルディスカッション
熱海のリノベーションまちづくりに取り組む市来 広一郎さんや法政大学の陣内先生のお話を。
IMG_8277
IMG_8250
IMG_8256

市来さんとは、私が議員になる前の2007年ごろ一新塾でご一緒していましたが、その当時から持ち続けていた熱海のまちづくりへの情熱、志、継続的な努力が実を結んでいて、素晴らしいなあと、感慨深くお話を伺いました。

基調講演1:水都東京の再考〜建築からテリトーリオまで〜

(講師・パネリスト:陣内秀信氏(法政大学))

基調講演2:小さなコトのネットワークによる地域づくり〜熱海での実践〜

(講師・パネリスト:市来広一郎氏(machimori / atamista))

パネルディスカッション:触発し合うローカルとグローバル

(コーディネーター:志村秀明(芝浦工業大学))


次に聴講したセッション、「イーストベイTOKYO の木質&水辺まちづくり」では、
江東湾岸エリアのまちづくりについて、
深川川床や、新木場の海床の活用イベント、深川ワイナリー、江東区の水辺に親しむ会の取り組みのお話などを伺いました。
IMG_8267
IMG_8270
IMG_8273
IMG_8275
地元の水辺や海に囲まれた環境を生かした新しいまちづくりへの挑戦のお話。
コーディネーターは竹中工務店の高浜洋平さん。

それぞれのイベント、個別に参加したり伺ったりして知っているものも多かったですが、江東湾岸の取り組みがまとまって全国に発信されるこのような機会はとても嬉しいです。

今回の会議のテーマは「触発し合うローカルとグローバル」
まちづくりも地元の方とヨソモノ、外国人など色々なヒト・モノ・コトのつながりが大事、ということに気づかされます。

翌日は、インターン生とともに参加。
豊洲を中心にした湾岸エリアのヒトモノコトに関する講演を聴講し、PIAZZAの矢野さんや豊洲地域のブロガー「とよすと」さん、豊洲の水辺で小型ヨットのセーリングの普及に取り組むセイラビリティ東京の藤原さん、マークさんなどのお話を伺いました。
コーディネーターは芝浦工大の志村秀明先生。
IMG_8282
IMG_8285
IMG_8296
IMG_8297
IMG_8299
IMG_8301
IMG_8302
このほかにもさまざまなセッションが同時並行で開催されていました。

地元の事例やその他の国内外の事例など新たな視野を学び、ネットワーキング的なつながりも得ました。

ありがとうございました。


政治家 ブログランキングへ