みなさんこんにちは。
江東区議会議員の鈴木あやこです。

 本日は、区立中学校の卒業式が開催されました。
915e90db-s

(写真は昨年のものです)

卒業生のみなさん、保護者のみなさんご卒業おめでとうございます。
この日を迎えるにあたり、教職員のみなさんや地域の皆様のご尽力にも感謝いたします。


 例年であれば、来賓として地元の深川第五中学校の卒業式に出席しておりますが、今年はコロナウイルスの感染拡大防止のために区立小中学校、幼稚園の卒業式は規模を縮小して開催することになりました。いつもどおりの卒業式が行えないことは残念なことではありますが、早く収束を迎え、いつもどおりの日常が戻ることを願っております。

 私たち区議会議員は、学校の卒業式では各地域の学校に江東区議会として祝辞をお贈りしています。

その祝辞を卒業生の皆様にお伝えしたいと思います。

☆☆☆
祝辞

 本日の栄えある卒業式にあたり、江東区議会を代表して一言ご祝いを申し上げます。
改めまして、卒業生のみなさん、ご卒業おめでとうございます。

皆さんは、本日義務教育の全過程を修了いたしました。
この間、友人や先生方をはじめとする多くの人々と出会い、豊かな経験をし、立派に成長されました。
卒業を迎え、いよいよ明日からは新たなスタートを切ることになります。
皆さんには、これからも自分らしさを忘れることなく、更に夢を持ち続け、歩んでほしいと願っております。

さて、ご承知のとおり、いよいよオリンピック・パラリンピックがこの東京で開催されます。
今年も多くのアスリートが競技を通じ、素晴らしい感動を私達にもたらしてくれることでしょう。
その中でも皆さんにはぜひ、パラリンピックに注目し、関心を持って応援をしていただきたいと思います。生まれながら、あるいは突然の事故や病気によって障害を持った方々が、決して諦めることなく、創意工夫を凝らして限界や記録に挑んでいる姿は、必ず皆さんにも勇気や希望を与えてくれるに違いありません。

また、パラリンピックは、多様性を認め、誰もが個性や能力を発揮し、活躍できる公正な機会が与えられている場です。そこには、社会の中にある差別や障害を減らしていくことの必要性、障害のあるなしに関わらず、老若男女誰もが生き生きした人生を送ることができる社会の実現に向けた、重要なヒントが詰まっています。

皆さんには、自分のことだけを考える人間にはなってほしくありません。
すべての人の個性を尊重し、お互いを支え合い、人々の多様なあり方を認め合う気持ちを大切にしてほしいと願っております。

さて、ご家族の皆様には、本日お子様がめでたく卒業式を迎えられましたことに対し、心よりお喜び申し上げます。
入学してからの3年間、多感であるがゆえに、ご苦労されたことも多々あったと思います。
しかし、この子たちがいてくれたからこそ、たくさんの喜びを味わうことができたのも事実だと思います。
どうぞこれからも、健やかな成長を見守っていただき、応援していただければと思います。

結びに、校長先生をはじめ、教職員各位のこれまでのご尽力と、PTA並びに地域の皆様方の暖かいご理解とご支援に対し、深く感謝申し上げ、あわせて本校の一層のご発展を記念し、お祝いの言葉といたします。

令和2年3月19日
江東区議会議長

☆☆
改めて、ご卒業おめでとうございます!



政治家 ブログランキングへ