江東区議会 オリンピック・パラリンピック推進特別委員会


みなさんおはようございます。
江東区議会議員の鈴木あやこです。

FullSizeRender
写真は江東区役所前のカウントダウンパネルです。

東京オリンピックについては、様々な報道がなされており、昨日3月20日には、オリンピック組織委員会から、新型コロナウイルスの影響で、大会期間中の外国人観客の受け入れを断念するという発表もなされたところです。

その少し前の先週、3月18日に江東区議会のオリンピック・パラリンピック推進特別委員会に委員として出席しました。


本委員会では、予算審査の際にも総括質問した、
IMG_0079

・江東区オリンピック・パラリンピック開催準備プランの取り組み状況
・7月21日に江東区(富岡八幡宮〜香取神社)がルートとなる聖火リレー
・オリンピック輸送運営上の感染症対策

などが報告・審査されました。


本オリパラ委員会の報告については、東京都や組織委員会などから正式に発表のあったものや、区の独自の取り組みなどが取り上げられます。


オリンピック開催時、観客をどこまで入れるのか、外国人観光客は入国できるのか、など様々な質疑があり、山﨑区長からは、先日JOCの橋本聖子新会長が区長宛に表敬訪問され、オリンピックの開催と成功について取り組むことを改めて確認し、江東区も全力を尽くすと発言されたことなどのお話がありました。


 オリパラ開催について、連日報道が続き、情報が錯綜していることについて、委員から質問があり、「報道されている以上の情報は江東区は持っていないが、組織委員会、東京都と連携をし、大会開催に向けて取り組んでいく」という山﨑区長からの答弁がありました。

聖火リレーについて

 聖火リレーについては、江東区内(富岡八幡宮〜香取神社)を聖火ランナーが走行する際、コースの走路管理と観客整理のために、江東区独自ボランティア(江東サポーターズ)をはじめ、区職員や企業・団体などの方々にもボランティアを求め、総勢1200名の聖火リレーサポーターが活動するという報告がありました。(サポーターの多さに委員一同驚きでした)
IMG_0084
IMG_0085
こちらについては、鈴木あやこからは、密集対策、聖火リレーサポーターへの十分な研修、事前に観客が集まらないように周知啓発を徹底することを区に求めました。

輸送運営上の新型コロナウイルス対策の基本的な考え方と検討状況 

観客の輸送運営計画の議題の際には、
昨年開催されていた、東京オリンピック・パラリンピック競技大会における新型コロナウイルス感染症対策調整会議の中で出された、輸送運営上のコロナ対策の基本的な考え方と検討状況が報告されました。
IMG_0088
IMG_0089

今までになかった「アクセシブルシャトルの運行」についても報告がありました。
IMG_0086
資料添付の通りなのですが、現時点で未確定なことばかりで、詳細な運用はこれからとのこと。

 オリパラ開催全般の諸課題の対応についてもJOCには権限がなく、IOCが最終的に決定することなど、なかなか大会運営が難しい面が多いことを理解して欲しい旨を山﨑区長も発言されました。


安心・安全な東京2020大会の運営を! (鈴木あやこの質問と区への要望)

区民の皆さんが安心できる安全な大会運営は、地元区である江東区にとって、最重要事項だと思います。
私からはそのことを意見し、正確な情報を迅速に区民に伝え、情報が錯綜して区民の方が不安に思うことがないように今後対応していくことを求めました。


オリンピック・パラリンピック開催まで約120日。
あと4か月ですが、まだ情報が錯綜している感もあり、IOCや日本の組織委員会の動きなど、日々状況が変わっているところです。
新しい正確な情報をキャッチしつつ、地域の方々の声を聞き、安心安全な大会運営のために、区議会議員としてしっかり意見をしていきたいと思います。

政治家 ブログランキングへ

予算審査特別委員会 終了


みなさんこんにちは。
江東区議会議員の鈴木あやこです。

5日間にわたる予算審査特別委員会が、月曜日に無事終了し、本日からは常任委員会の開催が始まりました。
FullSizeRender
C0390118-B354-4977-B035-FB9794FB4C31


予算審査最終日は、教育費と特別会計の審査でした。
一般会計、国民健康保険会計、介護保険会計、後期高齢者医療制度会計ともに賛成多数で承認されました。

 今回は、副委員長として、議事進行側の役割を担わせていただきました。
 各議員の熱心な質疑に共感し、コロナ禍における多岐にわたる区民ニーズや区政の課題を再認識しました。

現在常任委員会が開催されており、明日は、委員をしている区民環境委員会の審査があります。

そして、3月26日の夜19時から、私の毎月月例の区政報告座談会「あやこcafe」のオンライン開催が決定しました。

今回は、新型コロナウイルス対策の最新情報や、鈴木あやこが総括質疑を行った、令和2年の補正予算の質疑の紹介、副委員長をさせていただいた令和3年度の予算審査特別委員会の施策の中から、江東区の来年度の取り組みなども紹介したいと思います。
詳細はまたホームページやSNSなどにアップいたします。

年度末、緊急事態宣言中ではありますが、議会活動、報告事項の資料作成、年度の会計作業、などなど盛りだくさんな活動を行なっております。

気を引き締めて頑張って参ります。

政治家 ブログランキングへ

江東区議会 予算審査特別委員会

みなさんこんにちは。
江東区議会議員の鈴木あやこです。

先週は1週間、予算審査特別委員会でした。
3月1日は、令和2年度の補正予算の特別委員会。

続いて3月2日から5日間、江東区議会では令和3年度の予算審査特別委員会が開催されています。



5日間に分け、以下の日程で朝10時から17時ごろまで委員会審査を行っています。

  • 令和2年3月2日(火曜日)午前10時 一般会計 総括・歳入・歳出(議会費・総務費)
  • 令和2年3月3日(水曜日)午前10時 一般会計 歳出(議会費・総務費・民生費)
  • 令和2年3月4日(木曜日)午前10時 一般会計 歳出(民生費・衛生費・産業経済費・土木費)
  • 令和2年3月5日(金曜日)午前10時 一般会計 歳出(土木費・教育費・公債費・諸支出金)
  • 令和2年3月8日(月曜日)午前10時 国民健康保険会計・介護保険会計・後期高齢者医療会計

私は、副委員長として議事進行を務めさせていただいております。
(議場での写真撮影は出来ないので、終了後の議員控室での写真を)

FullSizeRender
C0390118-B354-4977-B035-FB9794FB4C31

コロナ禍ということもあり、各議員が地域で頂いている要望も多岐に渡り、私自身が対応している件とも重なるものも多く、区民の方々からの声が反映された質問にも共感しました。


コロナ禍での江東区の予算状況、財源、今後の区民税収入減などにどう備えるかに、関する質問

コロナ禍で生活困窮されている方や子育て世代、高齢者支援などの質問

コロナワクチン接種などの感染症対策や、商店街など区内事業者の方へのご支援の質問

学校教育のICT化に関する質問や、幼稚園3年保育化の質問など、

様々な議員がそれぞれの視点から質問を行いました。


 行政も、コロナ禍でさまざまな行政課題がある中、懸命に現場の業務にあたっているものの、区民ニーズが満たしきれていないということもさまざまな質疑で浮き彫りになりました。

改めて、議員として区民の皆さんの声を区政に届け、形にしていくことの大切さを実感しました。


議員インターン生の学生たちもインターネットで毎日視聴してくれました。

明日が最終日になります。
インターネット中継を行っておりますので、ご興味のある方はぜひ御覧ください。

■江東区議会 インターネット中継

引き続き頑張ってまいります。


政治家 ブログランキングへ

【区議会一般質問報告】3.新しいまちづくりについて

みなさんこんにちは。
江東区議会議員の鈴木あやこです。

現在江東区議会では、予算審査特別委員会の1日目を迎えています。
先週の25日には本会議が開催され、鈴木あやこは一般質問に登壇しました。

IMG_2936



2月27日の鈴木あやこ区政報告座談会「あやこcafe」では皆様に質問についてご紹介しました。



ブログでのご紹介は少し遅くなってしまいましたが、質問と答弁について、ご報告させていただきます。

質問・答弁を詳しく紹介した資料については、あやこcafeでご紹介しました。
詳しくは、こちらをご覧いただけると幸いです。




☆☆以下、質問内容です。3回に分けてご紹介いたします。

3.新しいまちづくりについて
【質問】

(1)都市計画マスタープランについて
コロナ禍により、都市計画マスタープランの策定は1年延期し、令和3年度に策定されることとなりました。
都市計画マスタープランのうち、「地区別まちづくり方針」の策定に区民意見を取り入れるための「地区別ワークショップ」がこの4月から開催される予定です。万全な感染症対策や、ICT活用など創意工夫を行った上で、区民の声を計画に反映していただく場となることを期待します。
今回の「都市計画マスタープラン」の策定延期に伴い、まちにおける感染症対策、コロナ禍における生活様式や開発動向の変化等に対応したまちづくりが求められていることからも、昨年度作成した「まちづくり基本方針案」の見直しをしていく必要があると考えますが、具体的にどのような見直しを検討しているか、区の考えを伺います。

(2)海の森地区のまちづくりについて
海の森地区は、一昨年裁判で中央防波堤帰属問題が解決し、その後公募により町名が決定され、「江東区海の森一丁目から三丁目」が誕生し、海の森の「用途地域」などの都市計画を定めることになり、いよいよ本格的なまちづくりに向けた動きの活発化が期待されます。
一方、海の森に隣接する大田区の「令和島」のまちづくりにおいては、本年2月に大田区が「空港臨海部グランドビジョン2030」を策定し、まちづくりの将来像や基本方針などを、独自に検討を進め、「令和島」をエネルギー拠点や次世代モビリティの実証拠点を目指した、「港湾及び研究開発、実証実験の場」として位置づけるなど、新たなまちづくりに向けた計画策定を進めています。本区の「海の森地区」のまちづくりの進め方について伺います。
また、本区では海の森に隣接する若洲公園において、管理運営にPark PFIを活用した手法の検討を進め、民間活力の導入による、カフェ等の整備など公園の魅力向上と財政負担の軽減を進めていくとされています。若洲公園と海の森公園の連続性を生かしたまちづくりを行うことにより、スポーツやレジャーの拠点として、また広大な土地を活用してドローンや空飛ぶ車、自動運転などの最先端技術の実証実験の場として、非常に大きなポテンシャルが発揮できると考えます。区として、若洲と海の森との連携したまちづくりのビジョンについて、今後埋め立てが完了する「中央防波堤外側」「新海面処分場」も見据えてどのように考えるか、区の見解を伺います。

(3)臨海部のまちづくりについて

臨海部のまちづくりについては、東京2020大会後と、今後の日本を牽引するベイエリアの将来像を描くため、平成30年10月から、東京都が「東京ベイエリアビジョン」の策定に向けた検討を行っていましたが、コロナ禍による大会の延期に伴い、策定時期が延びています。一方で、東京都は、この2月に都政の方向性を示す長期計画「未来の東京戦略案」を公表し、その中で持続可能性と経済の両立を目指す「東京ベイeSGプロジェクト」を臨海部で新たに計画すると発表するなど新しい動きも出ています。本区としても、計画策定段階において東京都と緊密に連携を取り、これらの計画内容を都市計画マスタープランに盛り込むなど、整合性の取れた臨海部のまちづくりを計画・推進していくことが求められます。
本区の臨海部における新しいまちづくりにおいては、新たな開発動向として、有明南地区において、昨年12月にコナミホールディングス、テレビ朝日の新たな進出が決定し、多目的ホール、イベントやエンターテイメントスペースなど賑わい、文化発信拠点として開発が進められることとなりました。
今後、これらの開発事業者に区としてどのようなことを期待していくのか、見解を伺います。
また、青海地区では、昨年9月に「東京国際クルーズターミナル」が開業しました。コロナ禍によりクルーズ客船のほとんどが入港できず、まだ有効に活用されておりませんが、観光面のポテンシャルは大きく、コロナの収束に向けて今後は盛り上げていく必要があります。クルーズターミナルを活用した区内観光の振興に向けて、区の見解を伺います。

(4)有明地区の公共施設の整備について
開発による人口増・行政需要増に伴う有明地区の公共施設整備が引き続き課題となっています。令和2年4月に有明子ども家庭支援センターが開設されたところではありますが、文化センター、出張所、図書館などの整備を求める住民の声も根強く上がっています。これまでの議会答弁や長期計画においては、まだ具体的な計画はないが、今後の人口動態や行政需要を鑑み、検討するとされています。
今後の本格的な出張所の整備を見据え、有明ガーデンなどの大型商業施設に区民サービスセンターや図書サービスコーナーを設置してはいかがでしょうか?

区民サービスセンターで区民ニーズの高い窓口業務を扱い、図書サービスコーナーで区立図書館の所蔵図書の取り寄せ・貸し出し・返却などができると地域住民の利便性も大幅に向上します。
商業施設の活用など、民間と連携した整備手法も有効であると考えます。

区の見解を伺います。

【答弁】
(1)都市計画マスタープランについて
昨年度作成したまちづくり基本方針案の見直しについては、新型コロナウィルス感染症により生活環境の変化などを反映していくことが、今後のまちづくりの視点として欠かせないものと認識しております。
具体的には、働く場と居住の間の融合に加え、オープンスペースの充実やゆとりある歩行者空間の形成等について、検討していく必要があると考えております。

(2)海の森地区のまちづくりについて
海の森を含む湾岸地区は、産業・物流機能とスポーツ・レクリエーション機能が調和する地区を目指しているほか、区内外の人を引き寄せる交流機能の集積を図るとともに、臨海部の魅力向上に資するにぎわいの拠点として検討を進めております。
海の森地区のまちづくりの進め方については、まずは、こうした方向性について、現在策定中の都市計画マスタープランに位置づけていく考えでおります。また、若洲と連携したまちづくりのビジョンについてですが、海の森と若洲、中央防波堤外側埋立地は、本区の湾岸軸として一体をなしております。
各地区が有している資源やポテンシャルを最大限に生かして、地域の国際競争力を高めていくとともに、水辺のにぎわい創出など、多様な性格を持った空間づくりなどを連携させてまいります。
 さらに、現在帰属が確定していない新海面処分場についても、本区と密接不可分な、連続した一体的な地域であることから、10年後、20年後を見据えつつ、都と協議連携を図りながら、本区湾岸地区と一体になったまちづくりを進めていく必要があると認識しております。

(3)臨海部のまちづくりについて
有明南地区における開発事業者に対する期待については、施設の集客力による地域一帯の賑わいや、区民が憩える地域に開かれたオープンスペースなどの創出のほか、開発事業者が保有する高い情報発信力により、本区の魅力度や知名度がいっそう向上していくことを期待しております。
また、東京国際クルーズターミナルを活用した区内観光の振興につきましては、新型コロナウィルス感染症が収束した際には、多くの観光客が本区を訪れることが見込まれており、区内各地への誘客やおもてなしに関する事業に関する事業について、江東区観光協会や民間事業者等と連携を図りながら、取り組みを進めて参ります。

(4)有明地区の公共施設の整備について
現時点において具体的な整備計画はありませんが、東京2020オリンピックパラリンピック競技大会後の開発動向や人口動態を見据え、区民ニーズを踏まえた公共施設整備が必要である事は認識しております。必要な公共施設については、地域バランスを考慮したうえで規模や機能を検討し、施設の性格や費用対効果も踏まえ、他の施設の複合化・集約化やPF I等の官民連携手法、さらには、民間施設の借用についても併せて検討しております。



政治家 ブログランキングへ

【区議会一般質問報告】2.ワクチン接種について

みなさんこんにちは。
江東区議会議員の鈴木あやこです。

現在江東区議会では、予算審査特別委員会の1日目を迎えています。
先週の25日には本会議が開催され、鈴木あやこは一般質問に登壇しました。

IMG_2936



2月27日の鈴木あやこ区政報告座談会「あやこcafe」では皆様に質問についてご紹介しました。



ブログでのご紹介は少し遅くなってしまいましたが、質問と答弁について、ご報告させていただきます。

質問・答弁を詳しく紹介した資料については、あやこcafeでご紹介しました。
詳しくは、こちらをご覧いただけると幸いです。




☆☆以下、質問内容です。3回に分けてご紹介いたします。

2.ワクチン接種について

【質問】
2.ワクチン接種について
新型コロナウイルス収束の切り札とも言われる新型コロナワクチン接種について、2月17日から医療従事者への接種がはじまり、ワクチン接種に向けた自治体の取り組みが活発化しています。本区においても、新型コロナウイルス接種推進室を新設し、対応を行っているところですが、区民に対し、迅速に、安心安全なワクチン接種を行うために、全力を尽くしてほしいと願っております。

(1)新型コロナウイルスワクチン接種体制について

まずは、ワクチン接種を着実にすすめていくために重要な人員の確保について伺います。保健所や庁内の各部署の応援、医師会との連携などが想定されますが、具体的にはどのように行うのでしょうか。民間事業者との連携で人員の確保を行っている自治体もありますが、本区における体制について伺います。
②また、ワクチン接種については、スムースな予約や接種管理システムなども重要です。接種証明について、厚労省では、ワクチン接種時に付与される「予防接種済証」を保管し、活用することと定めていますが、紙の接種済証の運用管理の場合、紛失や汚損時に接種履歴の確認などがスムースに行えないことも想定されます。オンラインによる接種情報管理や予約システムの活用をすべきであると考えますが、見解を伺います。

(2)新型コロナウイルスワクチン接種に関する広報・相談体制について

ワクチン接種について正しい情報を迅速に伝えていくことは、区民の不安を払拭し、接種率の向上にもつながります。区報やホームページ、SNSの他、様々な手段での周知や啓発が必要になりますが、区としての方針を伺います。
②また、ワクチン接種に関するデマや詐欺による被害の発生も懸念されます。消費者庁では、注意を呼びかけ、専用の相談ダイヤルなども開設したところです。本区としても被害防止や相談などにきめ細やかに対応すべきだと考えますが、区としてどう取り組むか伺います。
③ワクチン接種は努力義務であり、任意であるため、接種しないことを自ら選択する人も存在します。この場合、ワクチン接種をしていない人への誹謗中傷や差別も想定されますがその対応について伺います。

(3)帯状疱疹ワクチンについて
 帯状疱疹は、子供の頃に水ぼうそうに感染後、体内に潜伏していた水痘・帯状疱疹ウイルスが、加齢ならびに過労や疲労、ストレスなどに伴い免疫が低下することで再活性化し、水ぶくれを伴う赤い発疹が体の左右のどちらかに帯状に出る疾患です。強い痛みを伴うことも多く、皮膚症状が治った後でも50歳以上の約2割の方に長い痛みが残る帯状疱疹後神経痛になる可能性があります。日本では80歳までに約3人に1人が帯状疱疹にかかると言われています。
 最近では、コロナ禍のストレスで帯状疱疹を発症する人が増えているともいわれています。
 50代以上から高齢者世代のほとんどが、子供の頃に水ぼうそうを発症していますが、平成26年に、幼児へ水ぼうそう予防ワクチン接種が定期化されてから子供が水ぼうそうを発症することが減り、そのために子育て世代の親の免疫が再活性化されなくなったことで、子育て世代及び高齢者において帯状疱疹が増加傾向にあることが報告されています。
まずは、帯状疱疹の発症者が増えている現状を区としてどのように把握しているか伺います。
次に、帯状疱疹ワクチン接種費用の助成について伺います。国内においては、生ワクチンが帯状疱疹の予防として、平成28年3月、50歳以上の方に対して承認されました。ワクチンには生ワクチンと、令和2年に接種可能となったサブユニットワクチンの2種類があります。任意接種ではありますが、帯状疱疹ワクチンの接種助成をしている自治体も増えてきており、名古屋市では50歳以上、文京区では65歳以上などの方々を対象に、帯状疱疹予防接種の助成を行っています。
 ワクチンで防ぐことが可能な病気については、病気を防ぎ、健康レベルや生活の質を高める観点からも、有効なワクチンの活用を考慮していくべきだと考えます。人生100年時代に向け、江東区として、帯状疱疹ワクチンの接種費用を助成すべきだと考えますが、区の見解を伺います。


【答弁】

(1)新型コロナウイルスワクチン接種体制について
本区では、スポーツ施設における集団接種と医療機関での個別接種による接種体制を構築し、接種に必要な医師、看護師等の確保については、江東区医師会のほか、民間事業者委託により、体制を整備いたします。また、高齢者施設の接種体制や接種者の把握において、所管部署と連携し、準備を進めております。接種開始に向け、全庁的な体制で準備を進めてまいります。
さらに、接種状況の管理につきましては、接種情報管理システムにより一括管理を行います。接種券及び接種済証を紛失された場合に、システム上で確認をとることで、円滑に対応してまいります。予約管理につきましては、オペレーター100人体制での電話予約と、Web予約システムにより、管理してまいります。

(2)新型コロナウイルスワクチン接種に関する広報・相談体制について
ワクチン接種に関する情報は、対象者への個別通知において、会場案内や注意事項を示すとともに、区報、ホームページ等で、スケジュールや実施会場の案内、ワクチンに関する情報などを随時発信してまいります。
現在、ワクチンの供給状況など、国からの情報が限られておりますが、国・都の動向を注視し、正しい情報発信に努めてまいります。
ワクチン接種に関するデマや詐欺につきましては、被害防止のための啓発を行うとともに、相談があった場合には、適切な機関に繋げてまいります。
また、ワクチン接種は、ご指摘のとおり努力義務であり、任意接種であります。事情により接種されない方が、誹謗・中傷や差別を受けることがないように、啓発に努めてまいります。


(3)帯状疱疹について
帯状疱疹は、過去に水ぼうそうになった際に感染して神経に潜伏していた水ぼうそうウイルスが、再び活性化して皮膚に痛みを伴う水疱が生じる病気です。加齢や過労、糖尿病などにより免疫が低下することにより発症し、50歳ごろから発症のリスクが高くなり、80歳までにおよそ3分の1の人が経験するとされる感染症であります。人口構成の高齢化や水痘ワクチンの定期接種化に伴う水ぼうそう患者との接触機会の減少により、免疫が再活性化されることがないため、結果として患者数は増加していると認識しております。区としては、区民の健康を守るうえで、医療機関とも連携し適切に対応することが大切であると考えております。
この帯状疱疹の予防に対して、平成28年に帯状疱疹ワクチンが50歳以上を適用年齢として承認され、任意接種として現在使用されております。定期接種化については国の審議会において検討がされていたところですが、今般のコロナウイルスワクチンの検討が最優先となり、議論は一旦止まっているところです。
特別区においては1区のみが費用助成をしていると承知しておりますが、区では今後、国の定期接種化に向けての検討の状況を注視してまいります。

政治家 ブログランキングへ
   次のページへ >

江東区議会議員
鈴木 あやこ
江東区議会 民政クラブ
(立憲民主党所属)

このページの上へ戻る