みなさんこんばんは。
鈴木あやこです。
 江東区で保育園をお探しのみなさん、在園児の保護者の皆さんなどを中心に、江東区の保育についてより詳しく知って頂きたい、また保育園からの声を聴き、行政などに提言していくことで、江東区の保育・子育て事情をよりよくしていきたい、という思いで、このブログで「あやこの保育園訪問日記」を連載していきたいと思います。
まず最初に、連載をはじめるにあたっての私の思いをご紹介します。

kodomo_soft


☆はじめに(保育園訪問日記をはじめるにあたって)


 私、鈴木あやこは、「働く世代のワークライフバランスを応援します!」という思いを持ち、2011年に会社員から江東区議会議員に転身しました。
 「働く世代が仕事や子育てを両立でき、生活を楽しめる江東区のまちづくり」を実現するため、「待機児童の解消」「質の高い保育」「在宅子育て世帯の応援」などに特に取り組んできました。

 区議会議員になって5年目になりますが、子育て中のお母さん方から保育園について、入園の相談や、園に入ってからの相談など色々とお受けします。
 保育については私自身重点的に取り組んで来ましたが、保護者側に対するご支援だけでなく、保育士の待遇改善など保育園に対する支援も大事だと思っております。
 江東区は、人口急増により、保育園の整備が喫緊の課題であり、今年度の待機児童は167人。
保育園の新設や毎年1000人規模の保育定員数の拡大を積極的に実施してきており、現在も整備が続いています。
9a6d1616


江東区には、33の区立保育園、11の公設民営保育園、53の私立保育園があり、園により理念や特色の異なる、多様な保育を行っています。

資料:江東区の保育園等一覧(こうとう区報平成27年10月21日号)

 そのことをまず、私自身が知り、伝えることで保護者の方にもお役に立てると思いますし、園長先生とお話しする事により、園の要望を行政に伝えるということも今後やっていきたいと思います。
ということで、今後、江東区の湾岸エリア、特に豊洲地区の保育園を訪問し、ブログなどでもお伝えしていく活動をおこないます。

質問項目は、主に以下の5つを考えています。

■質問項目(順不同)
1・園の保育理念
2・園の保育方針
3・園ならではの特徴
4・園長先生のお仕事経験
5・園長先生からお子さんの保護者へのメッセージ


順次、取材にご協力いただける園から、不定期に継続掲載を予定しております。
よろしくお願いします。

政治家 ブログランキングへ